ネットで実名を名乗るということ

 先日、恩師とメールである書籍のやりとりをしている時に、「勝沼君はAmazonに実名でレビューを投稿してるんですね」と突然言われてビックリしたのですが、そうなのです! 私、Amazonのレビュー投稿を1年くらい前に実名に切り替えたのです。

勝沼悠のレビュー

 というわけで今回はネットでの実名使用のお話です。
 
 あまり知られていないことですが、実は今年の始めくらいからAmazonのレビュー投稿がAmazonで購入したもの以外は週に5本までという制限がかかったのです。どうも無責任なレビューが多くてレビューの信頼度が下がってしまったというのが理由のようです。

カスタマーレビューについて

 私はネットでは全て実名であるべきだと思います。
 自分の名前を出せば、無責任なことは書けません。ネットに書いていいこといけないことといったネット・マナーの話がありますが、そういう意味でもネットでは実名であるべきだと思います。実名を晒して書けないことはネット上に書かない方がいいのです。
 と、書きつつ改めて自分のレビュー見てたら「ガンマンVS食人族なんて見るしかねぇだろ」とか書いてあったりもするわけですが。。。まぁ大丈夫だ。
 

 

 あと、よく団体のアカウントで「中の人は。。。」といった書き方をして発信する人がいますが、あれも顔が見えてこないのでいい印象を持ちません。「◯◯の発信をしてる◯◯です」としっかり名乗る方が団体にとってもその個人にとってもいいのではないかと思います。もっとも何か悪いことをしてるのであれば別ですが。。。

 
 アイキャッチ画像は解決ズバット。「俺さ」ってことで。よく知らない人はNAVERまとめ読んでね。 

異色のヒーロー「快傑ズバット」の信じられない内容【お前さん日本じゃ二番目だ】

Share Post :

More Posts