地上波放送記念 『ワールド・ウォーZ』は原作小説を読め!


なんと地上波ゴールデンタイムにゾンビ映画だ!  その名も『ワールド・ウォーZ』。初っぱなからテンションは最高潮。
最高の予告編はこちら。

『ワールド・ウォーZ』は世界中で突如起きたゾンビ発生に元国連職員のブラッド・ピットが立ち向かう映画です。ゾンビが全力疾走どころか、何かの群れのように大群で押しかけていく。どんどんヘリの飛び乗って墜落させたり、高い壁を津波のように乗り越えたりともうそりゃすごい群れっぷり。

そんな『ワールド・ウォーZ』ですが、これは大ヒット小説の映画化なのです。熾烈な映画化権競争を勝って、ブラッド・ピットが映画化にこぎつけました。
実は原作の『ワールド・ウォーZ』はゾンビが走らないのです。原作小説は世界規模で起こったゾンビ・パンデミックを人類がいかに乗り越えたか、様々な人の証言で振り返る小説です。その世界観、完成度の高さから高い評価を得ています。
小説と映画は世界規模でゾンビ・パンデミックが起きたという点以外は全く別物。映画で興味を持った人はぜひ原作小説を読んでもらいたい。

以下レビュー。


世界中でゾンビが発生したゾンビ大戦を人類はいかに戦い勝利したかを生存者達の証言を振り返る形で進んでいく一大絵巻。
ブラピ主演の同名映画の原作本。

ゾンビ発生による大混乱、大敗北から巻き返しまでの全てにおいて、色んな国々の特色、政治背景が色濃く出るのが面白い。これでもかという情報量。日本のオタクまで出てくる。反撃の転機となるのがイスラエルと南アフリカという平和な世界では問題となる国なのも何とも皮肉が効いてる。
現行のままでゾンビに対処した人類は壊滅的な打撃を受けるが、柔軟に対応することで反攻していく。そこには現在の世界のあらゆることへの皮肉がこめられている。そういう一つ一つが実際にありそうなリアリティを持っている。最先端のハイテク米軍とゾンビ軍団の戦争の結末には大納得。ただ、反攻から勝利までの記述が少し物足りない印象も受けた。

多くの分野でのエポックメイキングとなる名作。
解説本とも言える「ゾンビ襲来」も合わせてぜひ。


 

 

Tags:

Share Post :

More Posts

1 Comment

  • ブランドスーパーコピー
    2018-07-26 at 05:16 

    モンクレール激安通販店‐‐新品登場

    弊社は世界最高級コピーブランドダウン専門店です。
    主にファッションの外観があるモンクレールと
    実用性が抜群なザノースフェイスを通販しております。
    業界に最高品質のモンクレール ダウン レディースを提供しております。
    本物と見分けがつかないぐらい、完璧なモンクレール激安を経営しております。
    モンクレール ダウンの品質は保証しております。

コメントを残す