『白熱講義! 集団的自衛権』レビュー

 憲法学者の小林節先生が安倍政権の安保法制をぶった切る。

 政府が出した15事案について具体的に解説するだけでなく、そもそも集団的自衛権とは何か、集団的自衛権や個別的自衛権が今の憲法とどういう関係なのか、なぜ安倍政権はこの安保法制をしようとしているのか、などが書かれている。
 さらに憲法を考える上で最も大事な立憲主義とは何かまで説明されていて、今回の安保法制を考える上で重要なことが全て書かれていると言ってもいい内容。それが手軽に新書に分かりやすくまとまっているのだ。これはありがたい。

 今の日本国民全員が必読の一冊。

51gwH8nuNBL._SX297_BO1,204,203,200_

Share Post :

More Posts

コメントを残す