「そして乳になる」とか言ってごめんなさい

 「そして父になる」を見てて、お母さんが尾野真千子から真木よう子に変わったら「そして乳になる」だなって思ってしまったのは私だけでしょうか。ほんとごめんなさい。
 というわけで、「そして父になる」のレビューです。

チラシ_おもて_入稿0626

 突然病院から6年前に子どもを取り違えていたと伝えられた夫婦の苦悩を描く。

 これは当然悲劇なわけですが、是枝監督はただ悲しいという形で描かず、悲劇によって浮かび上がる人間のエゴや怒り、弱さをきっちりと描いてる。だから見てる人はいっそう悲しく、居たたまれなくなる。
 しかも、それを主演の福山雅治がほぼ一手に引き受けているのだからすごい(尾野真千子もすごいけどね)。二人の表情というのが本当に映画に力を与えている。

 終わり方はどうでもいいんだと思う。親子というのは瞬間的になるものではなく、時を積み重ねていく中でなっていくものであって、そう考えると「そして父になる」というタイトルは本当に絶妙だと思った。

 やっぱり是枝監督はすごい。濃厚な時間でした。

Share Post :

More Posts

コメントを残す