海の日はサメ映画を見ろ!

今日は海の日。海といえばサメなわけですが、ここ数年ホラー映画界では雨後筍のように変なサメ映画が数々出ております。ただ、ちゃんと見れるサメ映画はそんなに多くない。
そこで今回はちゃんと見れる(であろう)サメ映画2本を紹介します。

まず一本目は先日テレビ東京での放送もあった『トリプルヘッド・ジョーズ』。前作『ダブルヘッド・ジョーズ』から頭が1個増えました。

以下レビュー。


いいホラー映画続編の条件は頑張るとこをある部分では間違え、ある部分では間違えないことだが、この映画は見事にその条件を満たしている。
まず、ダブルヘッドからトリプルヘッドにして頭を増やすというのがバカで間違ってていい。
そして前作でヒットした分のお金をどこにつぎ込んできたか。それがキャスティングなのである。ダニー・トレホ兄貴とプロレスラーのロブ・ヴァンダムという奇跡のキャスティング。近くの二隻の船にそれぞれ乗ってるんだよ。どんな海だそれ。二人とも見どころ満点。特にトレホ兄貴はマチェーテ振り回して奮闘。ちゃんと二人とも負けブックを飲んでくれたとこも評価。
あと、この映画は何気にサメ映画は最後にサメが爆死するというお約束に抗っています。その心意気はよし。


もう一本はシャークネード・シリーズ第3弾の『シャークネード エクストリーム・ミッション 』。大人気(?)シャークネードシリーズの第3弾です。

こちらはなんと来週28日の木曜日にテレビ東京で放送します! 見逃すな!

なぜ、最近になってこんなにサメ映画ブームが来たのか?
これはいっちょその起源である『ジョーズ』を今一度見てみたい。

ここで興味深いことが一つ。最近のサメ映画は低予算で量産という昔のロジャー・コーマンの映画みたいなのに対して、『ジョーズ』というのはそういう低予算量産映画からハリウッド式大作映画へと映画の主流が移っていたその元祖ともいえる映画なのです。
いったいなんでこんな逆転現象が起きてるのか。。。ここは今後考察したい。

Share Post :

More Posts