『宇宙船サジタリウス』は僕のベストアニメ

 かつてドラえもんの後の7時半から放送し、中小企業に勤める悲哀を描いたSFアニメ『宇宙船サジタリウス』。

 話の筋としては至って単純。お金や安定より友情や誠実さが大事というストーリー。改めて見るとこのストレートさがすごくいい。

 宇宙輸送船会社というSFでありながらとても現実的な設定。三人の主人公は各年代の社会的な男性像を象徴している。

 新婚で結婚相手にどう見られるかという面子が一番大事な20代のジラフ。

2c01225b1ff8fb8acbed1b4fffc81d67d85543f8.79.2.2.2

 子どもが産まれ、自分の小さな会社も立てて、何とか生活を軌道に乗せたい30代のトッピー。

b594eab118375f3278bc5bb66c2edfa6b9551203.79.2.2.2

 子だくさんでとにかく安定志向。一番堅実で臆病な40代のラナ。

f0cd74be4a3797c0c9f99c7ecee06b2c40e25b0d.79.2.2.2

 子どもの頃見たサジタリウスは正直な大人の苦悩を初めて見せてくれたアニメだった。そのインパクトがどれほど大きかったか。。。

 とっても社会派だけどストレートなテーマ。子どもの頃の僕はそんなサジタリウスに引き込まれていった。
 30年ぶりに見てもその良さは全く色あせない。むしろストレートな話が今だからこそ強く響いた。

 『宇宙船サジタリウス』は僕にとってのベストアニメの一つ。

Tags:

Share Post :

More Posts

コメントを残す