怒りのデス・ロード公開記念 マッドマックス伝説を振り返る!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が(一部で)大変な人気なのである。私がTwitterでフォローしてる映画好きでこの映画を見てない人がマジでいない。しかも全員絶賛。とにかくすごい。

 しかし、世の中けっこうマッドマックスを知らない人もいるのである。私はマッドマックスを知らないと初めて言われた時、腰を抜かさんばかりに驚いたが、こればっかりは仕方ない。改めてマッドマックスについて紹介したい。

 記念すべき第一作目『マッドマックス』が公開されたのは1979年。オーストラリアを舞台に暴走族(と言うには凶悪すぎるが)に妻子を殺された警官マックスがカーチェイスで復讐する。ただ、この1は見てない人も多いことだろう。それなりにヒットしたらしいが、まだこの『マッドマックス』は普通の映画だった。

 伝説が始まるのは81年に公開された『マッドマックス2』からだ。
 主人公は同じマックスなのだが、1と2の間で文明社会は崩壊。無秩序と化した世界でモヒカンやジェイソンマスクの極悪非道軍団とマックスらが石油を巡り熾烈なカーチェイスバドルを展開する。
 え、そんな展開なんて珍しくない? 違うのだ。『マッドマックス2』はそういう”核戦争後の荒廃した世界”みたいな世界観を初めてやった映画なのだ。『北斗の拳』などの元祖がこの『マッドマックス2』なのである。まさに世界を変えた伝説の一本だ。

 85年の『マッドマックス/サンダードーム』も悪役に歌手のティナ・ターナーを迎え、伝説の前作に恥じないできだった。
 『マッドマックス/サンダードーム』でマックスは死なずに生き残ったが、この3本でマッドマックスシリーズは完結し、マックスを演じたメル・ギブソンは大スターへと登りつめた。
 
 マッドマックスは終わったはずだった。
 しかし! マッドマックスは30年ぶりに帰ってきた! 前三作の監督であるジョージ・ミラーが自らメガホンを取って大復活。ミラー監督、御年70歳。なんというマッド魂。
 その後の快進撃は改めて書く必要はないだろう。

 と、ここまで書いたが、実は私はまだこの『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、まだ見てないのである。なんか世界中で自分だけが見てないかのような疎外感。
 うー、いつ見よう。。。

2015-04-12 11.55.53

Share Post :

More Posts

コメントを残す