2016年発売ベスト映画DVDを考える

2017年も半分ということで、恒例の昨年度映画DVD10選。16年発売の映画DVDから10本をセレクト。ちょっと時期が経たないと年末発売分が見れないのでこの時期に。
 


 

大賞はやはりこれ。現時点で最高のヒーロー映画でしょう。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』


 

 そんな中、ほぼ同時期に日本でもMCUとタメを張るヒーロー映画が日本にあった! 際どいコメディながらきっちりとヒーロー映画を意識した名作です。清水富美加はもっと映画に出てほしかった。。。

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』


 
 
 もう一本忘れてならないSF界の偉大なヒーローがスター・ウォーズ。当然これもランクイン。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』


 

 ヒーローといえば、肉体的な元ヒーローが肉体的な強さでは立ち向かえないものに向き合っていくこのゾンビ映画も。

『マギー』


 

 考えさせるモンスター映画といえば、『ゴジラ』の監督に大抜擢されたギャレス・エドワーズ監督の名作も。
 中東に現れた怪獣と現地のテロとの板挟みと向き合うアメリカ軍の姿はまさに現代のアメリカ。

『モンスターズ/新種襲来』


 

 社会派映画としては大ヒット小説の映画化のこのヒトラー作品も。リアル映像を交えて原作とは違った魅力を発揮。

『帰ってきたヒトラー』


 

 もう一本かつてのヒーローと関係のある映画も。ロッキーシリーズの変化球ながらしっかりと熱い名作。脇役でも主役でもないロッキーの立ち位置がいい。

『クリード チャンプを継ぐ男』


 

 純粋なホラーからはアイデア勝負の二作を。
 ベタなホラーとネットの闇をうまく融合させた一本。映画の9割はパソコンの画面という意欲作。意外にネット教育にもなる。

『アンフレンデッド 』


 

 もう一本もホラーの題材としてはベタな暗闇の恐怖を元にしたアイデア作品。これもいいですよ!

『ライト/オフ』


 

 最後もヒーローを追悼した一本を。事故死したポール・ウォーカーの最高の遺作。もともと仲間の絆がテーマなので、追悼な演出が泣けます。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』


 

 振り返ると、去年の映画DVDはヒーローがテーマの良作が多かったですね。これはこれから数年の映画の流れになるかも。

Share Post :

More Posts