私が選ぶ流行語大賞2016

 毎年恒例の私が選ぶ流行語大賞。本家の2016年流行語新語大賞は「神ってる」だそうですよ。

 ズバリ今年の私が選ぶ流行語大賞。。。

お前がどけ (No you move)

 え、そんな言葉知らないという人の為に説明を。

 これは今年大ヒットしたマーベル映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の中に出てくるセリフです。

 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ではそれまで自由に活動していたヒーロー達に国連の傘下に入るよう協定が出され、その協定の是非を巡ってヒーロー達は二分してしまいます。主人公であるキャプテン・アメリカは自分の正義を貫くべきと協定に反対の立場を取っていましたが、苦しんでいました。 
 そんな時、自分が冷凍睡眠に陥ってしまう前の恋人が老衰で亡くなってしまうのですが、その葬儀の際に彼女の言葉として語られたのが以下の言葉です。キャプテン・アメリカはこの言葉で決断します。
 これは原作漫画ではキャプテン・アメリカ自らが言うセリフです。

我々は勝算や結果などに関係なく、自分の信念のためにこそ立ち上がらねばならない。そしてこの国は、それを第一の原理として建てられたのだ。群衆や新聞や、あるいは世界中から”そこをどけ”と言われたならば、真実の川の岸辺に生えた木の如くに立ち、世界に向けてこう言ってやれ…”お前がどけ”。

 img_7_m

 つまり世界中が反対しようが自分の信念に従えということなのですね。世界中がどけって言っても「お前がどけ」と言い放つ。
 なんというかっこよさ!

 もちろんこの映画が大ヒットしたこともありますが、この言葉を今年の流行語に選んだのはそれだけが理由ではありません。
 今年はイギリスのEU離脱やトランプ大統領誕生など今までありえなかった世界を分断するかのような出来事が続きました。奇しくもシビル・ウォーは分断をテーマとした映画でしたし、そららの出来事は世界に対して「お前がどけ」と啖呵を切った現象でもあったでしょう。

 そういった分断を経て世界はどう変わっていくのか。おそらくキャプテン・アメリカのように自分の信念を貫くことがより大事な世界になっていくように思えます。

 というわけで2016年の私が選ぶ流行語大賞は

お前がどけ (No you move)

 今年はこれを選ぶ人が多かったんじゃないかな。

Share Post :

More Posts

1 Comment

Hey! comments are closed.