旅は人を成長させてくれるとはいうけど本当なのか

よく旅をすることで人は成長できると聞く。

これにはいくつかの理由があると考えている。

 

旅は身近な環境から抜けるという意味を込めている。

身近な場所の中で生きているとどうしても固定概念が染み付く。

 

周りの人はみんなこうだから自分の人生もこうでなくてはいけないのとか。

周りの概念が小さいのだ。

 

しかし旅に出て、ドミトリー形式の安宿とかに泊まってみるとそんな概念は崩れる。

色々な人がいて、そこに行くと自分は恵まれているのかも!

という考えにもなったりする。

 

これがその人の深さとなり接する人に印象を与える。

 

国内の旅でも十分に以上のような経験はできる。

しかし一人で国外に行くことでもっと経験の幅は広がると思っている。

 

いかんせん、海外に行くと言葉が通じない。

日本語は唯一日本の中でしか通用しない。

これも海外に行くと知ることができ、自分も頭の中では分かっていたことだったが、

海外でそれを身をもって知った時は本当になんか新しい体験のように感じた。

 

そして日本語は通じないけど、下手くそな英語は万国共通で通じることにまた改めて新鮮さを感じた。

 

学校とかでは英語は世界の共通言語ですよ!とは押してくれるけど、

やっぱりそれは教室の中であって、周りはみんな日本人。

共通言語のイメージがつきにくい。

 

しかし海外に行くとヨーロッパ圏、アメリカ大陸、アジア圏の人々みんなが英語でコミュニケーションをとっている。

そこで改めて「あー共通言語なんだ!」って知ることができるのだ。

 

このように旅に出ることで色々な知識に肉付けをしていくようになり、それが確証にも変わっていく。

こうやって考えの形成をしていくことで余裕な考えとなっていく。

これが周りから見たら、その人の成長となって見えるのだと思う。

Tags: ,

Share Post :

More Posts

コメントを残す