人をいじめてはいけない理由

私は最近、でんぱ組.incというアイドルグループにはまっています。

特にその中のメンバーである『みりんちゃん』には

本当に、はまっています。

仕事にも手がつかない状態です。

てへっ

 

そんなみりんちゃんの

過去を知るともっと、応援をしたくなります。

 

そんな過去とは…..

 

いじめを受けていた。

 

今回は

いじめられることのメリットと

いじめることのリスクを

書きたいと思います。

 

1. いじめられた人は精神的に強くなる。

精神的に強い

いじめられている当初は本当に辛く

どうしようもない日々を送るかもしれないが、

それを乗り超えた時、普通の精神力以上は身につけています。

なにかが起きても動じない心を持つことになります。

最低でも、いじめた本人よりは。

 

2. いじめられた人は目標を持つようになる。

目標を持つ

いじめられることで、人格を否定されます。

なんで、こんな経験をしなくてはいけないのか、

本当に考え、悩む時期を迎えます。

それを超えたとき、はっきりとした目標を見つけることができるのです。

最低でも、あいつよりは立派な人間になると。

 

3. いじめていた人は、その時だけです。楽しいのは。

一人ぼっち

基本、いじめる人は多様性を求めない人が多いです。

しかし、世の中は多様性にあふれています。

いじめることで排除しようとする考えには限界があります。

そして、気がつくでしょう。

あっ、自分一人ぼっちになったと。そのときに助けてくれる人がいればいいですけど、

いじめる人を助ける人は本当にいるのか、ちょっと疑問です。

 

4. いじめていた人は、一生いじめられた人から相手にされないでしょう。

これが一番のリスクだと思っています。

いじめられた人の精神力をなめない方がいい。

いつか、有名になったとき、

お前、誰だっけ?

と言われたときのリスクったら本当に半端ない。

私はそう思っています。

 

まとめ

自分も中学一年、二年生の時、あることがきっかけで、

いじめを受けていました。

 

無視は当たり前。

体育館に座って、周りのみんなは、友達同士で話しているのに、

自分は、一人でポツーン。

 

今から何年前なのか、計算をするのは面倒臭いですが、

今でも、その記憶は覚えています。

いやー、寂しかったです。

でも今は、地元にも少数ですが、自分のことを応援をしてくれる人もいますし、

こっちにも、この活動を一緒になって、やってくれている仲間もいます。

今が楽しいです。

Share Post :

More Posts

コメントを残す