僕はこういう人が苦手だと気づいた

 今回はいわゆる意識高い系批判的な内容です。ここ2年くらい色んな人と会う機会が増えたのですが、なーんか苦手だなぁって人がけっこういたんですね。で、そういう人達ってどういう人達なんだろう?って思ってたんですけど、今日飲み会をしていて、ああ!と気づいたのです。

 あ、ここではっきりさせておきたいのは私は意識が高い人と意識高い系は違うものとして認識しています。意識高い系というのは意識が高い人ではなくて、意識だけが高い人ととらえています。
 あと、あくまでこういう人がダメだと言いたいのではありません。僕が苦手だということです。

 では、発表します。
 僕が苦手なのは。。。

ソーシャルビジネスをしたいって言う人

 え、ソーシャルビジネスしたいなんていいことじゃないか! って思う人も多いことでしょう。

 ここで、今日の話になるわけです。
 今日は早めの忘年会が一つあったのですが、そこで自分のしたいことを教えてくれた人がいました。
 人々がカウンセリングを安価で受けれるようにNPOをつくりたい。
 心理カウンセリングってとても高くつくんですね。1回5,000円でも安いくらいで相場はもうちょっと高い。だからカウンセリングが必要な人にもっとカウンセリングが届くように安価にカウンセリングができる場所をつくりたい。その為にはNPOにしたりとか色々な仕掛けが必要になってくると。

 そこで私はそうか!と気づいたわけです。
 ほんとにソーシャルビジネスをしたい(もしくはしてる)人は「ソーシャルビジネスをしたい」とは言わないんですね。◯◯をしたい、◯◯を始めたいというのがあって、それがソーシャルビジネスという枠の中であるということなんです。

私が苦手な人って「◯◯をしたい」と言わずに「ソーシャルビジネスをしたい」って言う感じの人なのです。この人何がしたいんだろう?って違和感がダメなんです。

 やりたいことは具体的であればあるほど人を惹き付けるのかもしれません。まぁそれはなかなか簡単なことではないんですけどね。。。

Share Post :

More Posts