埼玉文学賞応募小説『本トの川越』公開

 2017年の第48回埼玉文学賞に応募して落選してしまった川越を舞台とした短編小説『本トの川越』を公開します。

 30代の人生にやや迷いを抱える男が、十数年ぶりに観光地となった川越の街を歩いて感心したり毒づいたりしながら本当の自分なんてものはあるのかに思いを馳せる短編です。
 実際に川越を歩いてそのルートに沿って書いています。

 無料です。興味のある方、どうぞ。
  

Share Post :

More Posts