リバ邸入間が安い理由(弱点)をこっそり教えちゃう!

 前回の記事で、シェアハウスにしろ何にしろいい条件のものには理由があるという話を書きました。

DIY可のシェアハウスに入居する前に確認すべきこと
 
 そんなこと書いて、リバ邸入間が安い理由をちゃんと書かないわけには行きません。
 なぜうちが安く家を借りれて、シェアハウスの家賃を25000円にできるのか。その理由(弱点)を書かせていただきます。

 実はズバリ言って

 うちは特殊な構造で狭いんです。

 写真では分かりにくいかもしれませんが、実はうちは普通よりちょっと広い一軒家を二分割したような家になっています。外から見ると大きめの一軒家ですが、うちはその半分だけ。もう半分は別の家です。なので、普通の家の半分よりちょっと大きいくらいの広さしかないのです。部屋数も2階建てで4部屋という少なさ。しかも元は一軒家なので、アパートのように一部屋に全てが整ってるわけではありません。クーラーがつけられない部屋もあります。
 こういった特殊な構造の家で新築でもないので、なかなか借り手がいなかったようです。この家ってひとり暮らしには広すぎるし、家族で住むには狭すぎるしで、扱いが難しい家です。で、知人から私が相場よりかなり安く貸してもらいました。

 どうしてこんな家が建ったのか。
 どうもこの家が建ったころは家が足りなくて足りなくてという時期だったのかもしれません。今から4.50年前は高度経済成長期でどんどん都心に人が集まっていくら家があってもあっても足りない時期でした。高島平や多摩に巨大団地ができたのがこの時期です。それから10~20年くらい経って、もう少し都心の外側に今度は一戸建てがたくさん建つようになりました。
 そんな中であの家が生まれたのではないか。それから30年くらい経って、その狭さは物件としてはウイークポイントになってしまいましたが、紆余曲折あってそこでシェアハウスができているのですから縁というのは不思議なものです。

 

 シェアハウスでも普通の物件でも、すごくいい条件があったら必ずその理由を聞いてみるようにしましょう。

Share Post :

More Posts