セコセコ節約する前にシェアハウスで考えるべきこと

 正月に続きまたまたお金のシリーズです。
 「集団で生活してるから電気ガス水道とかけっこうかかるんでしょ?」と言われることがたまにありますが、決してそんなことはありません。
 前に書いた月々の電気水道ガス等の額はこちら。

リバ邸入間は月々いくらかかってるんですか?に答える

 地域によってだいぶ違いますが、基本的に水道料金はかなり安い。ガスは夏冬で多少変わりますが、そんなに大きくはありません。電気代が一番の額になりますが、一般家庭レベルでは元がそんな大きな額ではないので、電気会社を選んで差はそんなに大きくありません。それ以上に大きいのが夏と冬の電気料金の差。2倍くらいになってしまうことも! 灯油ストーブでうまくカバーすることが大事です。

 さてさて、セコセコ節約する前にシェアハウスを運営する上ではもっと大事なことがあります。
 それは 見通しを立てる ことです。
 シェアハウスでも普通の家でもそうですが、家計のだいたいの流れを掴むことが大事です。まずは、月々どれくらいのお金が出ていくのがというお金の流れを把握します。
 そしてここからがシェアハウスならではのところですが、 月々の支出と8割住人が埋まった状態の家賃の合計とが同じになるように住人の家賃額を設定します。 4人で満員なら3人、8人で満員なら6人くらいの家賃とシェアハウスの支出が同じになるように住人の家賃を決めます。満員ならなどという都合のいいことを考えてはいけません。
 この作業がちゃんとできないいとシェアハウスをやればやるほどどんどん赤字が広がっていくことになります。ハゲ丸君に励む前にこの見通しとそれに見合った家賃設定をすることがシェアハウスやルームシェアではとても大事になります。

Share Post :

More Posts