シェアハウスに人を集めたいと思った時に考えなければいけない場所のこと

 シェアハウスで考えたいことシリーズ。今回は立地条件についてです。
 シェアハウスやルームシェアに人が来てほしい。特に、これから夢を叶えたい人とかとりあえず今の生活を抜け出したいと考えてる人向けに家賃をあまり高い金額に設定しないところはしっかりと考えなければいけない立地条件があります。
 
 それはズバリ。。。

そのシェアハウスの場所が車なしで生活できる場所かどうか

 私は埼玉や神奈川の首都圏で生活していたのがほとんどなので、いわゆるマイカーというのを持ったことがありません。小さい子どもがいなければ首都圏では車なしで生活できるのですが、実はこれは日本でもごく限られた都市部の一部だけのことなのです。私の住んでる場所ももうちょっと西武線から離れたところだと車での移動がないと生活が厳しくなりそうです。
 要するに車がないと生活できないところというのは電車がそれなりに走ってる駅までバスなり自転車なりでそんなに時間をかけずに行ける場所ということです。これがけっこう難しいんですよね。駅なんて車で行かないと行けないほど遠いとこにしかないとか、電車はあるけど日に何本しかないなんて場所が本当に多いのです。
 車がないと生活できないとなると、そこが安く住めてスタートアップしやすいといっても車を買ってさらに維持するお金がないとどうにもならないことになります。

 なので、車がないと生活できないところでそういったシェアハウスをしたいと思ったら、それを成り立たせる仕組みが必要になります。
 カーシェアもその一つでしょうか。カーが難しくてもスクーターシェアくらいならやりやすいかもしれません。
 あとはいわゆる仕事つきのシェアハウスというか、お金を稼ぐ手段もセットになって人を集めるのも有効でしょう。ただ、これはもうシェアハウスというよりはそっちがメインなものになるでしょう。住み込みで僕と一緒に事業をしよう、みたいな感じになるのかもしれません。
 
 その場所が車なしで生活できる場所かどうか。それでシェアハウスの性質が大きく変わると言っても過言ではないでしょう。

 
 そういえば、『よろしくメカドック』って住み込みだったかなぁ。。。違ったか。風見はよく泊まり込みでチューンナップしてただけか。。。

Share Post :

More Posts