リバ邸入間で家事代行を検討してみた!

 リバ邸渋谷のこんな記事に触発されてわがリバ邸入間でも家事代行を検討してみました!

リバ邸で家事代行サービスを導入する3つのメリット

 確かにいくつか見てみたけど、家事代行サービスって今多いんですねぇ。埼玉県の入間市でもけっこう利用できるとこがあります。とりあえず新しい感じのキャットハンドと昔からあるっぽいイメージのくらしのマーケットのリンクを。

キャットハンド
くらしのマーケット

 くらしのマーケットのこの主婦が来ます写真がグッと来ます。キャットハンドは単発の利用や定期利用など色んなプランがあります。料金は1時間2000円前後が相場のようです。
 料金の支払いも利用後の現金手渡しや引き落とし、クレジット決済など様々で便利です。シェアハウスなら家の共益費で賄うところでしょうか。こういったサービスを使う時にわざわざ住人割り勘で経費を取ろうとするところは共益費やシェアハウスの財政がどうなってるか一度確認した方がいいでしょう。
 
 リバ邸渋谷では以下の三つの理由で家事代行サービス利用の利点をあげていました。これは確かになるほどです。

住民の性質に左右されることなく部屋の清潔感を保てる
時間がとられない・自分たちの活動に集中できる
サービスづくりのヒントになる 

 うちのケースで考えてみました。
 うちは掃除は当番制ですが、確かに住人によって掃除の個人差はあると思います。ただ、当番の中には管理人の自分もいますので、掃除当番が一回りする中でガッツリ掃除することができます。あと、気になったら手が空いた時に綺麗にしています。
 起業したい人が集まったシェアハウスでは二番目や三番目は大きな利点になるでしょう。うちの場合は別に私はそこまで忙しくないので、家事する感覚で家を掃除等する余裕があります。
 1時間2000円と聞くと安そうですが、定期的に掃除に来てもらうとなるとけっこうな出費になります。一回2時間で毎週なら月16000円といったところでしょうか。キャットハンドでも定期のコースは月に万単位の出費になります。たまに単発で来てもらうならいいですが、定期利用はけっこうな出費になりそうです。
 あ、でも大掃除する時なんかに頼みたいなぁと思ったのですが、大掃除の時はちょっと割高になるんですね。うむむ。大掃除も頑張ったら自分でなんとかなりますからね。アイキャッチ画像の写真は流しのギドギドを頑張って落とした時の写真です。

 結局、当番制の住人の掃除に加え管理人がサポートという形が取れるなら家事代行サービスは不要だと思います。
 逆に、そういった管理人がいない、金銭的に余裕がある場合は利用した方がいいかもしれません。家事代行サービスを体験してみたいというならなおさらです。商業的なシェアハウスが清掃サービスを外注してるのは管理人が常駐していないからですね。そっちの方がトータルではコスパがいいのでしょう。
 一方で、家事代行サービスを外注する理由がはっきりしてないシェアハウスや財政状況を明かさないシェアハウスでの家事代行サービスの利用はちょっと警戒が必要かもしれません。

 結論 「掃除当番で足りない分は俺が掃除したらいいや」ということで利用却下

 ここまでお付き合いしてくれた方にクリーナーことケニー・オメガの動画をどうぞ。

Share Post :

More Posts